勤務間インターバル -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

勤務間インターバル

勤務間インターバル」は、勤務終了後、次の勤務までの間に一定時間の休息時間を確保することである。

「勤務間インターバル」は、労働者が日々働くにあたり、必ず一定の休息時間を取れるようにするというものであり、「働き方改革」において、労働者が十分な生活時間や睡眠時間を確保しつつ、ワーク・ライフ・バランスを保ちながら働き続けることができるようにするために重要な制度であると位置づけられている。

しかし、勤務間インターバル制度を導入する企業の割合は少なく、導入企業の割合は2.2%でしかなく、「導入する予定である」は0.4%、「導入の是非を検討したい」も8.2%にとどまる(2015年度)。

なお、勤務間インターバル制度を導入する企業における勤務間インターバルの時間については、8時間以下:38.5%、8時間超11時間以下:12.9%、11時間超 28.2%というように様々である。


【関連ワード】

協会TOP


働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメントから会社を護る

第3回 令和2年1月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:12月12日迄

お申込みはこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

11月27日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

12月12・19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

11月27日・12月4日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント管理職研修

12月10日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和2年3月8日開催

第21回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

企業ご担当者ページ

令和元年12月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ