雇用型テレワーク -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

雇用型テレワーク

雇用型テレワーク(①在宅型、②サテライト型、③モバイル型)の場合、労務管理の困難さから長時間労働を招きやすい等の問題が指摘されている。

例えば、終日在宅のテレワークの問題・課題(2014年。複数回答可)として、進捗管理が難しい:36.4%、労働時間管理が難しい:30.9%、コミュニケーションに問題あり:27.3%、情報セキュリティ確保:27.3%などがあげられている。

○在宅勤務ガイドライン

このような問題認識を受け、厚生労働省は、「情報通信機器を活用した在宅勤務の適切な導入及び実施のためのガイドライン」(厚労省平成20年7月28日基発第0728001号。「在宅勤務ガイドライン」)を策定している。


【関連ワード】

協会TOP


働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメントから会社を護る

第3回 令和2年1月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:12月12日迄

お申込みはこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

11月27日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

12月12・19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

11月27日・12月4日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント管理職研修

12月10日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和元年12月15日開催

第20回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

企業ご担当者ページ

令和元年12月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ