時間外労働の上限規制と
新技術、新商品等の研究開発 -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

時間外労働の上限規制と
新技術、新商品等の研究開発

新技術、新商品等の研究開発の業務については、現行制度では「時間外労働の限度に関する基準」の適用除外とされている。新技術、新商品等の研究開発の業務については、専門的、科学的な知識、技術を有する者が従事する新技術、新商品等の研究開発の業務の特殊性が存在する。このため、実行計画では、新技術、新商品等の研究開発の業務の今後の取扱いについて、次の施策が示されている。

・医師による面接指導、代替休暇の付与など実効性のある健康確保措置を課すことを前提に、現行制度で対象となっている範囲を超えた職種に拡大することのないよう、その対象を明確化した上で、罰則付きの時間外労働規制の適用除外とする。


【関連ワード】

協会TOP


働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメントから会社を護る

第3回 令和2年1月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:12月12日迄

お申込みはこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

1月23日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

12月12・19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和2年3月8日開催

第21回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

第26回

講演会

【会員無料】
先着限定100名
令和2年1月24日(金)

参加者特典あり!

留学生の就職活動の現状と
求められる支援

>>詳細はこちら


企業ご担当者ページ

令和元年12月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ