【働き方検定】労働法務士認定試験

第11回 【働き方改革検定】労働法務士認定試験

労働法を詳しく学びます。「働き方改革」についての法律は、労働法の、特に働き方に関する法令や条文が中心になります。本検定は労働法の全般について出題されます。企業の人事・労務や法務担当の方には是非受験をお勧めします。管理者向けの上級です。

試験要項詳細

書籍購入

SMART合格講座

Webカメラレンタル・購入

令和4年11月27日(日)開催
試験時間 午前10時00分~12時45分
申込期間 令和4年7月26日(火)~令和4年10月20日(木)
実施会場 東京 オンライン受験(全国)



5月15日のオンライン試験を受験された方へ

令和4年5月15日のオンラインライブ試験に於きまして、10時40分および43分頃に数十秒間、サーバーの通信量過多によると思われますが、試験システムに繋がりにくい状況が発生いたしました。

すでに2年間で100回以上の試験を実施して参りましたが、このような状況は極めて稀な現象でございます。皆様には、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げますとともに、さらに原因を究明し、再び同様な事案が発生しないよう改善してまいりますのでご容赦下さい。

なお画像点検の際、この試験時間中にスマートフォン等の利用については、協会への連絡と看做し、問題と致しませんのでご安心ください。

また、受験者のアクセスと回答状況を解析して、回答作業に障害があったかを精査し、採点の後、ボーダーラインにある方の得点を、3%程度の合否調整を行いますのでご了承下さい。

お知らせ

2022.05.20重要第10回試験の解答速報を公開しました。
2022.05.10試験情報第11回試験の募集開始は7月26日(火)からになります。
2022.04.15重要第10回試験のお申し込みは締め切りました。

第11回 労働法務士認定試験

試験日時 令和4年11月27日(日) 10時00分~12時45分
受験料(一般)16,500円(税込) (学割)11,550円(税込)
申込期限令和4年7月26日(火)~令和4年10月20日(木)

全情協資格者部会申込

スマート合格講座申込

試験情報詳細はこちら>>


教材書籍

オンライン・ライブ検定とは

スマート合格講座詳細


※スマート合格講座はお申込み受付中です。

案内チラシのPDFダウンロード 検定試験申込書(郵送用)ダウンロード

【オンラインライブ検定とは】



7/26より申込受付予定の試験

第11回労働法務士認定試験

試験日時

令和4年11月27日(日)10時00分~

>>> 案内用リーフレットをダウンロード

全国/オンライン受験


オンライン受験ではWebカメラが必要となります。ノートパソコン内蔵のWebカメラは不可となります。

全国どこからでも受験できます。海外受験の場合はネット環境にご注意下さい。

合格証書・合格カードは国内への発送となります。

Webカメラを購入 Webカメラレンタル中(配送手数料のみで貸出)



※オンライン・ライブ受験も同時に実施します。

※申し込み状況により、会場を変更・追加する場合があります。また、期日前に申込受付を締め切る場合もありますのでご了承ください。


試験時間

10:00~12:45

すこしでも試験時間に遅れると受験できません。


受験料

16,500円(税込)

団体割引について
試験を10名以上同時申込みされますと、団体割引が適用されます。
10~19名…8%割引  20~99名…10%割引  100名以上…15%割引
※31名以上同時申込みをご希望の場合はお電話ください。TEL:03-5276-0030


申込方法
インターネットでお申込みの場合

下記「試験・講習会お申込み」ボタンより、当協会のサイトからお申込み頂けます。受験料等はカード、コンビニ、銀行、郵便局で支払えます。


郵送でお申込みの場合

資料請求ページより資料請求をしていただくと、資料と共に[受験申込書]を送付します。[受験申込書]に必要事項を明記の上、当協会まで郵送してください。


資格者部会特典申込

資格者部会の方はこちらからお申込ください。優待価格にてお申込みいただけます。


受験票について
  • 受験票は、試験実施日10日前までに届くように発送いたします。
    試験実施日の10日前までに届かない場合は必ず協会までご連絡ください。
    TEL:03-5276-0030
  • 受験票をお持ちでない場合は受験できません。
  • 受験票に、受験会場の詳細・注意事項等を記載しますのでご確認ください。
  • 写真(縦4cm×横3cm)1枚を受験票に貼付、試験当日にご持参ください。
  • 受験票に本人の写真を貼っていないと受験できません。

課題
労働法全般

試験形態:マークシート方式
試験時間:150分


問題数および
合格点

問題数:60問
合格点:正答率70%以上
※ただし、問題の難易度により調整する場合があります。



労働法務士認定試験の試験日程

回数試験実施日 開催地域
第10回令和4年5月15日(日)

≪申込期間:1月14日(金)~4月14日(木)≫

札幌・仙台・東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・津・大阪・福岡・オンライン受験
第11回令和4年11月27日(日)

≪申込期間:7月26日(火)~10月20日(木)≫

東京・オンライン受験

労働法務士認定試験の内容

「労働法務士」認定試験は、働き方改革および労働法の中で、「働き方マネージャー」認定試験や「働き方マスター」試験で扱っていない、「専門性の高いもの」及び「働き方改革とは直接的には関係が薄い分野」、例えば労働組合や企業の義務等についても詳しく取り上げています。「現行法を中心」に、「専門性の高いもの」も含めて、全ての労働法分野について扱います。
労働法の専門職となることをめざしています。

ただし「働き方改革」を論じる際、本試験は「働き方マネージャー」認定試験が扱う「働き方改革の内容」は一部含まれておりません。よって人事・総務・法務などで働き方改革の知識が必要な方は「働き方マネージャー」認定試験も合わせて受験される事をお勧めします。

【グラフの見方】

上のグラフは、3つの検定のポジションを表しています。「働き方改革」の基本的な方向性としては、非正規労働者などの待遇改善を図ろうとする計画で、労働に関する法改正の途上にあります。
ABCの3つの領域は、Aが改革予定領域、BCは現行法領域です。「働き方マスター」試験はA領域、「働き方マネージャー」認定試験はAB領域、「労働法務士」認定試験は原則BCの領域を対象とした試験です。
「働き方マスター」試験は中級クラス、「働き方マネージャー」認定試験は上級クラス、「労働法務士」認定試験は実践的な管理者クラスの試験となります。

【他の2検定の特徴】(参考)
「働き方マスター」試験

本検定は、「働き方改革とは何か」を十分に理解することを目標とした検定試験です。分かり易い図表で示した労働経済社会の現状や企業のいろいろな取組みと「働き方改革関連法」の基本的な部分を組み合わせた中級試験です。本試験を受験することで、「働き方改革」をしっかりと理解していただき、皆様の今後の職業生活に役立てることを目指しています。

「働き方マネージャー」認定試験

本検定は、「働き方改革の実行計画」と「それに関する法律」を広く取り上げています。労働法分野の中でも、働き方改革に関する改正法を中心として、それにかかわる労働法分野の重要な基礎論点を扱った上級試験です。なお、この試験には、中級クラスの「働き方マスター」試験内容が含まれています。この試験に合格することで「働き方改革」を勧める企業や団体のリーダーとなっていただくことを目標としています。




第10回 労働法務士認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

お申込は締切りました。

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

ハラスメントの基礎知識を養い、会社を護るエキスパートを育成

【働き方改革検定】

令和4年7月17日開催

第13回認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験

申込期限 6月9日(木)

>> 詳細はこちら
労働法務士SMART合格講座

[スマホ講座]

今なら取れる

全情協

SMART合格講座

国家試験

著名検定

どこでも楽々

格安4,800円~

だれでも合格

SPIテスト
個人情報保護士
行政書士
宅建士
FP検定
ビジネス実務法務
マイナンバー実務
セキュリティ管理士・他

セクハラ・パワハラNO宣言

ゼロ・ハラスメントマーク制度

ハートいっぱいの会社マークで快適な職場環境をアピールする

(財)日本ハラスメントカウンセラー協会

>>詳細はこちら



日本ハラスメントカウンセラー協会

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

【オンライン/公開会場受講】

令和4年7月5日開催

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

【オンライン/公開会場受講】

令和4年5月24日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

【オンライン/公開会場受講】

令和4年5月24日開催

>>詳細はこちら

上級ハラスメントマネージャー
認定研修

【オンライン/公開会場受講】

7月5日・7月12日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

令和4年6月19日開催

第30回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

労働法務士会

詳細はこちら
申請書(個人用)

労働法務士認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ