【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務,ストレスチェック検定,ハラスメント相談員 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定 ハラスメント相談員認定試験

働き方改革実行計画の概要 -ワークスタイル用語集-

第7回 働き方マスター試験

連続チャレンジ

キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月19日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

第8回 ワークスタイルコーディネーター認定試験

連続チャレンジ

キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月19日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら
第6回 労働法務士認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 11月8日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

働き方改革推進キャンペーン開催中!

ただいま働き方改革検定推進マークの利用申請を頂くと、6カ月以内の受験予定者の人数分の問題集を無料でプレゼント!(お申し込み時に発送いたします。)

    <<対象資格>>
  • ワークスタイルコーディネーター認定試験
  • 働き方マスター試験

※プレゼントは30冊までとさせていただいております。受験予定者が31名以上の場合はお問合わせ下さい。

ハラスメントの基礎知識を養い、会社を護るエキスパートを育成

【働き方改革検定】

令和元年10月20日開催

第2回認定ハラスメント相談員試験

申込期限 9月12日(木)

>>お申込みはこちら

第3章 働き方改革実行計画

働き方改革実行計画の概要

「働き方改革実行計画」(実行計画)は、2017年3月に政府の働き方改革実現会議が決定・公表した働き方改革実現のための政府計画である。

実行計画は、働く人の視点に立ち、次の課題を提示している。

・仕事ぶりや能力の評価に納得して、意欲を持って働きたい

・ワーク・ライフ・バランスを確保して、健康に、柔軟に働きたい

・病気治療、子育て・介護などと仕事を、無理なく両立したい

・ライフスタイルやライフステージの変化に合わせて、多様な仕事を選択したい

・家庭の経済事情に関わらず、希望する教育を受けたい

上記課題については、次の9つの検討テーマと19の具体的な対応策が提示されている(実行計画の「工程表」)。

1.非正規雇用の処遇改善

① 同一労働同一賃金の実効性を確保する法制度とガイドラインの整備

② 非正規雇用労働者の正社員化などキャリアアップの推進

2.賃金引上げと労働生産性向上

③ 企業への賃上げの働きかけや取引条件改善・生産性向上支援など賃上げしやすい環境の整備

3.長時間労働の是正

④ 法改正による時間外労働の上限規制の導入

⑤ 勤務間インターバル制度導入に向けた環境整備

⑥ 健康で働きやすい職場環境の整備

4.柔軟な働き方がしやすい環境整備

⑦ 雇用型テレワークのガイドライン刷新と導入支援

⑧ 非雇用型テレワークのガイドライン刷新と働き手への支援

⑨ 副業・兼業の推進に向けたガイドライン策定やモデル就業規則改定などの環境整備

5.病気の治療、子育て・介護等と仕事の両立、障害者就労の推進

⑩ 治療と仕事の両立に向けたトライアングル型支援などの推進

⑪ 子育て・介護と仕事の両立支援策の充実・活用促進

⑫ 障害者等の希望や能力を活かした就労支援の推進

6.外国人材の受入れ

⑬ 外国人材受入れの環境整備

7.女性・若者が活躍しやすい環境整備

⑭ 女性のリカレント教育など個人の学び直しへの支援や職業訓練などの充実

⑮ パートタイム女性が就業調整を意識しない環境整備や正社員女性の復職など多様な女性活躍の推進

⑯ 就職氷河期世代や若者の活躍に向けた支援・環境整備の推進

8.雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の充実

⑰ 転職・再就職者の採用機会拡大に向けた指針策定・受入れ企業支援と職業能力・職場情報の見える化

⑱ 給付型奨学金の創設など誰にでもチャンスのある教育環境の整備

9.高齢者の就業促進

⑲ 継続雇用延長・定年延長の支援と高齢者のマッチング支援

実行計画には、これら19項目からなる対応策について、項目ごとに、①「働く人の視点に立った課題」、②「今後の対応の方向性」、③「具体的な施策」が記載され、2017年度から2026年度の10年間をロードマップの年次とし、各年度において施策をどのように展開していくかについて、可能な限り指標を掲げつつ示されている(実行計画の「工程表」)。

実行計画は、そのロードマップを効果的に実施するため、ニッポン一億総活躍プランその他の政府計画と連携して取り組んでいくものとされている。


【関連ワード】

協会TOP


働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員研修

7月17日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

8月22・29日開催

>>詳細はこちら

「ハラスメントマネージャー」

ハラスメント管理士研修

9月12・19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

第2回

「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

2019年9月8日開催

第19回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

「令和」川柳コンテスト

企業担当者様へ

働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ