【働き方改革検定】働き方マスター試験

働き方マスター試験 出題項目


【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


詳細はこちら

第31回 講演会

コロナウイルス感染症をめぐる
法的問題

令和2年7月22日(水)

《オンライン開催》

8月働き方マスターを受験の方は
12,000円無料でご招待!

オンラインで開催!

講演会「女性活躍の現状」

女性活躍マスター試験申込者
7,000円

一般申込者
10,000円

7月11・20・30日 開催

>>詳細はこちら


働き方マスター試験 出題項目


1我が国の経済社会の現状と働き方改革1) 総則
2) 一億総活躍社会
3) 人口高齢化
4) 子どもを産み育てやすい環境づくり
5) ワーク・ライフ・バランスとその取り組み
2テーマごとにみる働き方改革1) 働き方改革① 働き方改革の意義・目的
2) 非正規雇用労働者の処遇改善① 現状
② 同一労働同一賃金ガイドライン案の整備
③ 非正規雇用労働者の待遇改善における国の施策
④ 非正規雇用に関する法律
⑤ 非正規雇用に関する法律の改正
3) 賃金引上げと労働生産性向上① 現状
② 賃金引き上げ・生産性向上関係の助成金
4) 長時間労働の是正① 現状
② 法改正による時間外労働の上限規制の導入
③ 勤務間インターバル制度導入に向けた環境整備
④ 健康で働きやすい職場環境の整備に関する法律
⑤ 健康で働きやすい職場環境作りに関する法律の改正
5) 柔軟な働き方がしやすい環境整備① 現状
② 雇用型テレワークのガイドライン刷新と導入支援
③ 非雇用型テレワークのガイドライン刷新と働き手への支援
④ 副業・兼業の推進と環境整備
⑤ 柔軟な働き方に関する法律
⑥ 柔軟な働き方に関する法律の改正
6) 病気の治療、子育て・介護等と仕事の両立、障害者就労の推進① 現状
② 治療と仕事の両立に向けたトライアングル型支援などの推進
③ 子育て・介護と仕事の両立支援策の充実・活用促進
④ 障害者等の希望や能力を活かした就労支援の推進
⑤子育て・介護等と仕事の両立支援に関する法律
7) 外国人労働者① 現状
② 外国人労働者の受入れに向けた環境整備
③ 人手不足の解消政策
8) 女性・若者が活躍しやすい環境整備① 現状
② 女性のリカレント教育など個人の学び直しへの支援や職業訓練などの充実
③ 多様な女性活躍の推進及び女性労働者の保護に関する法律
④ 若者の活躍及び保護に関する法律
9) 雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援① 現状
② 転職・再就職者の採用機会拡大に向けた指針策定・受入れ企業支援と職業能力・職場情報の見える化
10) 高齢者の就業促進① 現状
② 継続雇用延長・定年延長の支援と高齢者のマッチング支援
3個別的労働関係法1) 労働契約の意義と特色
2) 個別的労働関係の成立
3) 就業規則の意義と効力
4) 労働協約
5) 労働条件の明示
4労働関係の展開1) 基本的法規制① 労働基準法上の人権擁護規定
2) 賃金① 賃金の意義と体系
② 労基法による賃金の保護
③ 最低賃金法
3) 労働時間・休暇① 労働時間・休日の原則
② 時間外・休日労働
4) 安全衛生① 安全衛生管理体制
② 健康診断・ストレスチェック

※出題項目は変更となる場合がございます。


日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

【オンライン受講】

8月26日開催

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

【オンライン受講】

7月14日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

9月8日・9月15日開催

>>詳細はこちら

上級ハラスメントマネージャー
認定研修

8月26日・9月9日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

令和2年9月13日開催

第23回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

働き方実務士会

詳細はこちら
申請書(個人用)

働き方マスター試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。





主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ