労働者と司法判断 -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

労働者と司法判断

同一労働同一賃金ガイドライン案の実効性を確保するとともに、不合理な待遇差の是正を求める非正規雇用労働者が裁判(司法判断)で救済を受けることができるようにするために、その根拠となる同一労働同一賃金の規定を整備する必要がある。

ところが、現行制度では、均等待遇については、有期雇用労働者について規制がない。また、派遣労働者については、均等待遇だけでなく、均衡待遇についても規制がない。

この状況を改めるために、実行計画は、パートタイム労働法、労働契約法及び労働者派遣法の改正により、次のとおり同一労働同一賃金の法整備を行うとしている。

① 有期雇用労働者について、均等待遇を求める法改正を行う。

② 派遣労働者について、均等待遇及び均衡待遇を求める法改正を行う。

③ 均衡待遇規定について、明確化を図る。


【関連ワード】

協会TOP


働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメントから会社を護る

第3回 令和2年1月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:12月12日迄

お申込みはこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

1月23日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

12月12・19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和2年3月8日開催

第21回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

第26回

講演会

【会員無料】
先着限定100名
令和2年1月24日(金)

参加者特典あり!

留学生の就職活動の現状と
求められる支援

>>詳細はこちら


企業ご担当者ページ

令和元年12月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ