働き方改革検定

7つの「働き方改革検定」を通して実践力を身に付けよう。

働き方マスター

働き方マネ

ハラスメント相談員

ストレスチェック

労働法務士

ハラスメントマネ

女性活躍マスター

03‐5276‐0030

受付/9:45~18:00(協会休業日除く)


業務処理請負 -ワークスタイル用語集-


第9章 労働関係の展開に関する法規整

業務処理請負

◯業務処理請負

「業務処理請負」とは、ある企業(請負企業)が他企業(発注企業)に対してその一定業務の処理を請け負い、この請負業務を遂行するために自己の雇用する労働者を発注企業の事業場において自己の指揮命令下に労働させることをいう。

業務処理請負は、請負企業が発注企業に労働者を供給(派遣)する側面をもつが、請負業務の処理のために供給(派遣)するので、労働者に対する指揮命令は請負企業が行い、発注企業が行わない点で、労働者派遣とは異なる。

◯業務処理請負と労働者派遣

業務処理請負と労働者派遣法の適用を受ける「労働者派遣」との区別については、厚生労働大臣告示により、請負であると認められるための次の2要件が定められている。

① 自己の雇用する労働者の労働力を自ら直接利用するものであること

② 請け負った業務を自己の業務として当該契約の相手方から独立して処理するものであること

◯業務処理請負と労働者供給

職業安定法で原則禁止される「労働者供給」は、たとえその契約の形式が請負契約であっても原則としてこれに該当し、次の4要件を満たす場合に限り「労働者供給」に該当しないとされている(職業安定法施行規則4条)。従って、業務処理請負は次の4要件を満たす必要がある。

① 作業の完成について事業主としての財政上及び法律上の全ての責任を負うものであること

② 作業に従事する労働者を、指揮監督するものであること

③ 作業に従事する労働者に対し、使用者として法律に規定された全ての義務を負うものであること

④ 自ら提供する機械、設備、器材(業務上必要なる簡易な工具を除く。)若しくはその作業に必要な材料、資材を使用し又は企画若しくは専門的な技術若しくは専門的な経験を必要とする作業を行うものであって、単に肉体的な労働力を提供するものでないこと


【関連ワード】

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメントから会社を護る

第7回 令和3年1月31日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:12月10日迄

お申込みはこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

【オンライン受講】

12月10日開催

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

【オンライン受講】

10月28日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

12月16日・12月23日開催

>>詳細はこちら

上級ハラスメントマネージャー
認定研修

12月10日・17日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

令和2年12月13日開催

第24回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

働き方実務士会

詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

働き方マネージャー
実務士会

詳細は
こちら

会員募集中!!

特典が多数

労働法務士会

詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

ビジネス実務士会

詳細はこちら
主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ