【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務,ストレスチェック検定,ハラスメント相談員 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定 ハラスメント相談員認定試験

賃金 -ワークスタイル用語集-

働き方改革推進キャンペーン開催中!

ただいま働き方改革検定推進マークの利用申請を頂くと、6カ月以内の受験予定者の人数分の問題集を無料でプレゼント!(お申し込み時に発送いたします。)

    <<対象資格>>
  • ワークスタイルコーディネーター認定試験
  • 働き方マスター試験

※プレゼントは30冊までとさせていただいております。受験予定者が31名以上の場合はお問合わせ下さい。

ハラスメント相談員認定試験

第9章 労働関係の展開に関する法規整

賃金

労働基準法上の「賃金」とは、賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、①労働の対償として②使用者が労働者に支払うすべてのものをいう(労働基準法11条)。

① 労働の対価

「労働の対償」かどうかは、問題となる給付の性質・内容に照らして個別的に判断されるが、その判断は容易ではない。

そこで、行政実務上は、「労働の対償」たる賃金と区別されるべきものとして、「任意的恩恵的給付」、「福利厚生給付」、「企業設備・業務費」という3つの概念を立て、これらの概念にあたるものは「賃金」ではない、と処理してきた

※「任意的恩恵的給付」に該当する典型例は、結婚祝金、病気見舞金、死亡弔慰金などの給付である。ただし、これらの給付であっても、労働協約、就業規則などによってあらかじめ支給条件が明確にされており、それに従って使用者に支払義務のあるものは、労働の対償と認められ、賃金と取り扱われる。

※退職金や賞与は、その支給がもっぱら使用者の裁量にゆだねられているかぎりは、任意的恩恵的給付であって、賃金ではない。しかし、今日の大多数の退職金のように、労働協約、就業規則、労働契約などでそれを支給することおよびその支給基準が定められていて、使用者に支払い義務があるものは賃金と認められる。

② 使用者が労働者に支払うもの

※この要件につき問題となる典型例は、旅館(ホテル)、飲食店(レストラン)などにおいて客が従業員に支払うチップであるが、これは客が支払うものゆえ原則として賃金ではない。

※これに対して、レストランやバーなどにおいて客が支払う給仕奉仕料(サービス料)が当日労働(サービス)をした労働者に一定の計算式によって分配される場合には、使用者が支払うものといえる。


【関連ワード】

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

認定ハラスメント相談員研修

6月19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

6月19日・7月3日開催

>>詳細はこちら

「ハラスメントマネージャー」

ハラスメント管理士研修

6月19・26日開催

>>詳細はこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

「令和」川柳コンテスト

企業担当者様へ

働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ