【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務,ストレスチェック検定,ハラスメント相談員 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定 ハラスメント相談員認定試験

一般事業主行動計画 -ワークスタイル用語集-

働き方改革推進キャンペーン開催中!

ただいま働き方改革検定推進マークの利用申請を頂くと、6カ月以内の受験予定者の人数分の問題集を無料でプレゼント!(お申し込み時に発送いたします。)

    <<対象資格>>
  • ワークスタイルコーディネーター認定試験
  • 働き方マスター試験

※プレゼントは30冊までとさせていただいております。受験予定者が31名以上の場合はお問合わせ下さい。

ハラスメント相談員認定試験

第9章 労働関係の展開に関する法規整

一般事業主行動計画

○策定

一般事業主(「国・地方公共団体以外の事業主」)であって常時雇用する労働者が300人を超えるものは、指針に即して「一般事業主行動計画」を定めなければならない(女性活躍推進法8条1項)。

「一般事業主行動計画」では、計画期間、達成目標、取組みの内容および実施時期を定めなければならず、また、①採用者に占める女性の割合(雇用区分ごと)、②男女の勤続年数の差異(雇用管理区分ごと)、③各月ごとの平均残業時間等の長時間労働の状況、④管理職(課長級以上)に占める女性の割合、その他のその事業における女性の活躍状況を把握したうえで、その結果を勘案して、①~④やその他の数値を用い定量的に定めなければならない(同法8条2項3項)。

○届出

一般事業主であって常時雇用する労働者が300人を超えるものは、策定した一般事業主行動計画を厚生労働大臣に届け出なければならない(女性活躍推進法8条1項)。具体的には、都道府県労働局に届け出る。

○周知・公表

一般事業主は、「一般事業主行動計画」を定め、または変更したときは、これを労働者に周知させるための措置を講じなければならず、また公表しなければならない(同法8条4項5項)。

○常時300人以下の労働者を雇用する一般事業主

常時300人以下の労働者を雇用する一般事業主は、上記一連の事項の実施は努力義務とされている(同法8条7項8項)。


【関連ワード】

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

認定ハラスメント相談員研修

6月19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

6月19日・7月3日開催

>>詳細はこちら

「ハラスメントマネージャー」

ハラスメント管理士研修

6月19・26日開催

>>詳細はこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

「令和」川柳コンテスト

企業担当者様へ

働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ