【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務,ストレスチェック検定,ハラスメント相談員 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定 ハラスメント相談員認定試験

間接差別 -ワークスタイル用語集-

第7回 働き方マスター試験

連続チャレンジ

キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月19日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

第8回 ワークスタイルコーディネーター認定試験

連続チャレンジ

キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月19日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら
第6回 労働法務士認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 11月8日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

働き方改革推進キャンペーン開催中!

ただいま働き方改革検定推進マークの利用申請を頂くと、6カ月以内の受験予定者の人数分の問題集を無料でプレゼント!(お申し込み時に発送いたします。)

    <<対象資格>>
  • ワークスタイルコーディネーター認定試験
  • 働き方マスター試験

※プレゼントは30冊までとさせていただいております。受験予定者が31名以上の場合はお問合わせ下さい。

ハラスメントの基礎知識を養い、会社を護るエキスパートを育成

【働き方改革検定】

令和元年10月20日開催

第2回認定ハラスメント相談員試験

申込期限 9月12日(木)

>>お申込みはこちら

第9章 労働関係の展開に関する法規整

間接差別

「間接差別」とは、①性別以外の事由を要件とする措置であって、②当該要件を満たす男性および女性の比率を勘案すると実質的に性別を理由とする差別となるおそれがあると考えられるものを、③合理的な理由がある場合でないときに講ずることである。

これに対して、女性であるがゆえの差別を違法とする伝統的な差別は、直接差別ないしは意図的差別とも呼ばれる。

労働者の性別以外の事由を要件とする措置のうち、実質的に性別を理由とする差別となるおそれがあるものとして、「厚生労働省令で定める措置」について、合理的な理由がない場合は、これを講ずることが禁止されている(男女雇用機会均等法7条)。これを「間接差別の禁止」という。

合理的な理由がない場合に講ずることが禁止されている「厚生労働省令で定める措置」は次のとおりである。

・労働者の募集または採用にあたり、労働者の身長、体重または体力を要件とすること

・労働者の募集もしくは採用、昇進、または職種の変更に関する措置であって、労働者の住居の移転を伴う配置転換に応じることができることを要件とするもの

・労働者の昇進にあたり、労働者が勤務する事業場と異なる事業場に配置転換された経験があることを要件とするもの


【関連ワード】

協会TOP


働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員研修

7月30日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

8月22・29日開催

>>詳細はこちら
ハラスメントマネージャー研修
(ハラスメント管理士)

9月12・19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

第2回

「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

2019年9月8日開催

第19回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

「令和」川柳コンテスト

企業担当者様へ

働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ