【働き方改革検定】働き方改革マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務

70歳以降の就業継続意向 -ワークスタイル重要資料集-


ワークスタイル重要資料集

70歳以降の就業継続意向

65 歳以上で働いている人に70 歳以降も就業を継続する意向があるかきいたところ、男性の28.2%、女性の34.1%の者が「生きがいや健康のために、元気な限り働きたい」と答えた。


協会TOP

働き方改革検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ