【働き方改革検定】働き方改革マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務

働き方改革マスター試験 出題項目

働き方改革実行計画【概要】

(平成29年3月28日 働き方改革実現会議決定)

  1. 働く人の視点に立った働き方改革の意義
  2. 経済社会の現状

    日本の労働制度と働き方にある課題

  3. 同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善
  4. ガイドライン案の概要

    1. 基本給の均等・均衡待遇の確保
    2. 各種手当の均等・均衡待遇の確保
    3. 福利厚生や教育訓練の均等・均衡待遇の確保
    4. 派遣労働者の取扱
  5. 賃金引上げと労働生産性向上
  6. 最低賃金の引上げ

    中小・小規模事業者の取引条件の改善

    賃上げに積極的な企業等の後押し

    生産性向上に取り組む企業等への支援

  7. 罰則付き時間外労働の上限規制の導入など長時間労働の是正
  8. 法改正の考え方

    時間外労働の上限規制

    パワーハラスメント対策、メンタルヘルス対策

    勤務間インターバル制度

  9. 柔軟な働き方がしやすい環境整備
  10. 雇用型テレワークのガイドライン刷新と導入支援

    非雇用型テレワークのガイドライン刷新と働き手への支援

    副業・兼業の推進に向けたガイドライン等の策定

  11. 女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備
  12. 個人の学び直し支援の充実

    多様な女性活躍の推進

    就職氷河期世代や若者の活躍

  13. 病気の治療と仕事の両立
  14. 子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労
  15. 保育・介護の処遇改善

    男性の育児・介護等への参加促進

    障害者等の希望や能力を活かした就労支援

  16. 雇用吸収力、付加価値の高い産業への転職・再就職支援
  17. 誰にでもチャンスのある教育環境の整備
  18. 高齢者の就業促進
  19. 外国人材の受入れ
  20. 10年先の未来を見据えたロードマップ

※出題項目は変更となる場合がございます。

協会TOP

働き方改革検定TOP

資料請求

試験申込

学割試験申込

講習会申込

Business Qualifiedクオリファイドメンバー募集中!!

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ