【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務

65歳以後の雇用確保の検討状況 -ワークスタイル重要資料集-


ワークスタイル重要資料集

65歳以後の雇用確保の検討状況

65歳より先の雇用確保措置を実施も検討もしていない企業について、理由を尋ねたところ、もっとも多いのが「65歳までの対応で精一杯であり、65歳から先の雇用は差し迫った課題でないと考えるから」で48.5%、次いで「個々の従業員の体力や能力に差があり、一律に雇用・処遇するのは難しいから」が38.9%、「65 歳以降の労働者は健康・体力面での不安が増すから」が30.5%となっている。

また、65歳より先の雇用確保措置を実施する場合に必要になると思われること、あるいは既に実施していることについて尋ねると、「継続雇用者の処遇改訂」が最も多く30.7%となっている。


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

第21回講演会

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ