【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務

年齢階級別労働力人口 -ワークスタイル重要資料集-


ワークスタイル重要資料集

年齢階級別労働力人口

労働力人口比率を2005(平成17)年と2015年で比較して見てみると、10年の間で特に60~69歳において上昇が見られる。男性で60~64歳は70.3%から78.9%、65~69歳は46.7%から54.1%に上昇している。なお、女性は60~69歳に限らず、全体として上昇が見られる。


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

第21回講演会

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ