【働き方改革検定】働き方改革マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務

働ける年齢(国際比較) -ワークスタイル重要資料集-


ワークスタイル重要資料集

働ける年齢(国際比較)

仕事を辞める時期として適当と考える年齢で「65歳以上」と考えている人の割合は74.3%を占めており、欧米諸国と比較しても高い水準にある。総じて我が国の高齢者は就業意欲が高く、また実際に就労している人も多いと言える。


協会TOP

働き方改革検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ