【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

労働力人口の推計 -ワークスタイル重要資料集-


ワークスタイル重要資料集

労働力人口の推計

経済成長と労働参加が適切に進まないケース」と「経済成長と労働参加が適切に進む ケース」について2020年と2030年のそれぞれの労働力人口の推計を示したものが図表1-3-10である。

「経済成長と労働参加が適切に進まないケース」では、2030年は5,800万人と推計されており、2015年の6,598万人から約800万人減少する見込みとなっている。

一方、「経済成長と労働参加が適切に進むケース」は、2015年から2020年では9万人 と2030年では236万人の減少でとどまる見込みとなっている。


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

企業担当者様へ

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ