【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

60歳以降に希望する就労形態 -ワークスタイル重要資料集-


ワークスタイル重要資料集

60歳以降に希望する就労形態

60歳以降に希望する就労形態は、「パートタイム(短時間勤務など)社員・職員(53.9%)」が最も多い。ただし、性別でみると、傾向ははっきり分かれる。女性は、69.4%の人が「パートタイム(短時間勤務など)社員・職員」を選んでいるものの、男性は、37.0%となっており、「フルタイムの社員・職員」を選んでいる人も36.7%でほぼ二分されている。


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ