【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

労働組合法 -ワークスタイル用語集-


第9章 労働関係の展開に関する法規整

労働組合法

「労働組合法」は、労働者が使用者との交渉において対等の立場に立つことを促進することにより労働者の地位を向上させること、労働者がその労働条件について交渉するために自ら代表者を選出することその他の団体行動を行うために自主的に労働組合を組織し、団結することを擁護すること並びに使用者と労働者との関係を規制する労働協約を締結するための団体交渉をすること及びその手続を助成することを目的とする法律である(同法1条)。

憲法が保障する労働三権(労働基本権)を具体的に示した基本的な法律が、労働組合法、労働関係調整法、労働基準法であり、あわせて「労働三法」と呼ぶ。

※「労働三権」については、第2課題【労働三権】を参照


【関連ワード】

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

企業担当者様へ

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ