【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

勤務間インターバル制度 -働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集-


働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集

勤務間インターバル制度


1.勤務間インターバル制度を導入している企業は2.2%であった。


2.確実にインターバル時間を確保しなければならない時間

勤務間インターバル制度を導入している企業における、確実にインターバル時間を確保しなければならない時間は、「7 時間超8 時間以下」が28.2%で最も多く、次いで「12 時間超」が15.4%、「11 時間超12 時間以下」が12.8%であった。


3.(導入していない場合)今後の導入意向

勤務間インターバル制度を導入していない場合の今後の導入意向については、「導入する予定である」が0.4%、「導入の是非を検討したい」が8.2%、「導入の是非を検討する予定はない」が60.5%であった。


(平成27年度厚生労働省委託「過労死等に関する実態把握のための社会面の調査研究事業」報告書より)


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

一般社員研修

ハラスメント相談員研修

ハラスメントカウンセラー研修

ハラスメント幹部研修

ハラスメント一般社員研修

ハラスメント管理士認定研修

管理職研修

企業担当者様へ

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ