【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

転職理由と離職を促す要因 -働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集-

}X^[A`WLy[ [NX^CR[fBl[^[F莎A`WLy[ J@mF莎A`WLy[ XgX`FbNA`WLy[

働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集

転職理由と離職を促す要因

①転職理由をみると、「仕事がきつい・ストレスが大きい」「賃金が安い」と回答した者の割合が高い。

②「社内コミュニケーションの円滑化」「労働時間の短縮化」の対策を実施している企業では、現在の勤務先で、引き続き働くことを希望する労働者の割合は高くなる

(厚生労働省「平成28年版労働経済の分析」より)

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメント相談員研修

ハラスメントカウンセラー研修

「ハラスメント」川柳コンテスト

企業担当者様へ

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ