【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

高年齢者の就業者数と就業率 -働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集-

}X^[A`WLy[ [NX^CR[fBl[^[F莎A`WLy[ J@mF莎A`WLy[ XgX`FbNA`WLy[

働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集

高年齢者の就業者数と就業率

2015年の60歳以上の就業者数について見てみると、60~64歳は534万人(62.2%)、65~69歳は399万人(41.5%)、70歳以上は330万人(13.7%)となっている。60~64歳層は、高年齢者雇用確保措置の導入が義務付けられた2006年以降、就業率が上昇している。65歳以上の就業者数は、1970年に230万人であったが、2015年には729万人と3倍以上に増加しており、就業者総数に占める割合も上昇傾向にある。


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメント相談員研修

ハラスメントカウンセラー研修

「ハラスメント」川柳コンテスト

企業担当者様へ

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ