【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

高年齢者の仕事につけなかった主な理由 -働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集-

}X^[A`WLy[ [NX^CR[fBl[^[F莎A`WLy[ J@mF莎A`WLy[ XgX`FbNA`WLy[

働き方マスター試験・ワークスタイルコーディネーター認定試験 重要資料集

高年齢者の仕事につけなかった主な理由

就業希望者の仕事に就けなかった理由について性・年齢階級別に見てみると、男女ともいずれの年齢階級でも「適当な仕事がみつからなかった」が最も多いが、60~64歳でその割合が高い。「あなたの健康上の理由」は男性が55~59歳で最も割合が高いのに対して女性では年齢階級が高くなるほど増加している。女性では「家族の介護等」や「家庭の事情(家族の健康上の理由を除く。家事など)」が男性に比べ高い。


協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメント相談員研修

ハラスメントカウンセラー研修

「ハラスメント」川柳コンテスト

企業担当者様へ

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ