働き方改革検定

7つの「働き方改革検定」を通して実践力を身に付けよう。

働き方マスター

働き方マネ

ハラスメント相談員

ストレスチェック

労働法務士

ハラスメントマネ

女性活躍マスター

03‐5276‐0030

受付/9:45~18:00(協会休業日除く)


労働参加率 -ワークスタイル用語集-

【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


女性活躍マスター試験
お申込キャンペーン

>詳細はこちら

【申込締切】令和2年6月11日(木)

試験お申込の方には、公式テキストを25%割引で予約販売します。第1回試験にお申込み済の方もご利用いただけます。

オンライン開催!

講演会「女性活躍の現状」

女性活躍検定 受験申込者限定! 6月9日(火)・6月17日(水)

10,000円特別価格7,000円


>>詳細はこちら



第1章 我が国の経済社会の現状

労働参加率

「労働参加率」は、生産年齢人口(15歳~64歳の人口)に占める労働力人口(就業者+完全失業者)の割合である。

・労働参加率(%)= 労働力人口/生産年齢人口×100

「労働参加率」は、生産活動に従事しうる年齢層のうちどの程度の割合が労働市場に参加しているかを示す指標であるといえる。

我が国では、労働参加率は上昇傾向にあり、女性の労働参加率の伸びが大きい(2000年:59.6% → 2015年66.7%)。

65歳以上の高齢者の労働参加率については、我が国は国際的に高水準にあるため、大きな変化はない(2000年:22.6% → 2015年:22.1%)。

少子高齢化と人口減少による労働力減少が経済成長に及ぼす影響を軽減させるためには、労働参加率の上昇による「量の増加」が、生産性の向上による「質の改善」とともに重要であるといわれている。

「量の増加」について、とりわけ伸びしろがあると考えられるのは女性や高齢者の労働市場への参加である。女性や高齢者の労働参加を阻害している要因を除くことで、その労働参加が促されることが期待できる。



第5回 認定ハラスメント相談員Ⅰ種試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 6月11日(水)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら
第3回 ハラスメントマネージャーⅠ種認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 6月11日(木)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

第11回 働き方マスター試験

連続チャレンジ

キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 6月25日(木)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメントから会社を護る

第5回 令和2年7月19日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:6月11日迄

お申込みはこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

【オンライン受講】

7月8日開催

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

【オンライン受講】

7月14日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

6月4日・6月11日開催

>>詳細はこちら

上級ハラスメントマネージャー
認定研修

5月26日・6月2日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

令和2年9月13日開催

第23回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

企業ご担当者ページ

令和2年5月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら


働き方実務士会

ワークスタイル実務士会

労働法務士会

ビジネス実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ