働き方改革検定

7つの「働き方改革検定」を通して実践力を身に付けよう。

働き方マスター

働き方マネ

ハラスメント相談員

ストレスチェック

労働法務士

ハラスメントマネ

女性活躍マスター

03‐5276‐0030

受付/9:45~18:00(協会休業日除く)


生産年齢人口 -ワークスタイル用語集-

【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


オンラインで開催!

講演会「女性活躍の現状」

女性活躍マスター試験申込者
7,000円

一般申込者
10,000円

7月11・20・30日 開催

>>詳細はこちら

詳細はこちら

コロナウイルス感染症をめぐる
法的問題

講演会

令和2年
7月22日(水)

《オンライン開催》



第1章 我が国の経済社会の現状

生産年齢人口

○生産年齢人口

「生産年齢人口」とは、15歳~64歳の人口である。

「生産年齢人口」は、仕事をしない者を含め、生産活動に従事しうる年齢の人口ということができる。

我が国の生産年齢人口は、1997年にピークを迎え(約8699万人)、その後減少が続いている(2016年に約7665万人)(「働き方改革実行計画」参考資料)。

○生産年齢人口の推移

2000年を100とした生産年齢人口の推移を国際的にみると、2015年は、米国:113.5、英国:108.8、ドイツ:94.9と増加又は微減となっているのに対し、我が国は89.8であり(同)、我が国の生産年齢人口の減少傾向は他の先進国と比べて顕著である。

我が国の人口等の長期推移をみると、総人口は、1986年:約1億2166万人 → 2016年:約1億2693万人と、約527万人の増加となっているのに対し、生産年齢人口は、1986年:約8315万人 → 2016年:約7665万人で、約650万人の減少となっており(同)、生産年齢人口の減少が深刻な問題となっている。

生産年齢人口の減少が続くことにより、現状の労働参加率のままだと、就業者数は、2015年:6376万人 → 2020年:6046万人 → 2030年:5561万人と激減していくと推計されている。労働参加率を向上したとしても、生産年齢人口の減少が加速し続けると、就業者数は、2015年:6376万人 → 2020年:6381万人 → 2030年:6169万人と減少するものと推計されている。



第11回 働き方マスター試験

連続チャレンジ

キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月9日(木)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら
第12回 働き方マネージャー認定試験
連続チャレンジ
キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 7月9日(木)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

ハラスメントから会社を護る

第6回 令和2年10月18日開催
認定ハラスメント相談員
Ⅰ種試験

申込期限:9月10日迄

お申込みはこちら

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

【オンライン受講】

8月26日開催

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

【オンライン受講】

7月14日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

9月8日・9月15日開催

>>詳細はこちら

上級ハラスメントマネージャー
認定研修

8月26日・9月9日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

令和2年9月13日開催

第23回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

働き方実務士会

詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

働き方マネージャー
実務士会

詳細は
こちら

会員募集中!!

特典が多数

労働法務士会

詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

ビジネス実務士会

詳細はこちら
主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ