現代女性に求められる知識
【働き方改革検定】

女性活躍検定

女性活躍社会の現状と目標

一般財団法人
全日本情報学習振興協会主催

【女性活躍検定】

第4回女性活躍マスター試験

令和3年(日時未定)開催
試験時間
10時00分~11時45分
申込期間
未定
開催会場
未定
受験料(税抜)
女性活躍マスター試験:8,000円
ジェンダーフリーとワークライフバランスを推進する企業と、女性活躍を支援します。女性の意識改革を促し、活躍を応援する検定試験です。

※オンライン・ライブ検定も同時に開催します。【Webカメラ販売中 2200名限定】

今回だけ 2つで応援

「GO TO 資格」 キャンペーン

(1) SMART合格講座 → 5,000円割引

  • ①ビデオ学習 ②SMARTビデオ答練 ③WEB実戦模試、3つの直前学習で飛躍的な合格率アップを目指します
  • (2) WEB模擬テスト3,000円が → 1,000円で受験

    (100円模試の募集は11日で終了、今後は1,000円で受験できます)

  • 前回・前々回に出題された問題を利用したWEB模擬テストで実践力UPを目指します。
  • ※GOTO資格キャンペーンの「対策模擬テスト100円申込み」は11月11日に終了しています。

    詳細はこちら

    【お知らせ】

    【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


    女性活躍社会の目標

    女性の活躍推進と経営参画を進めるため、平成15年6月、男女共同参画推進本部は、日本の「社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度とする。」という基本計画を決定し、平成22年12月に閣議でも決定されました。

    しかしながら、女性が占める比率は徐々に増加していますが、日本独自の雇用慣行もあり、目標達成には遠く及ばず、また他の先進諸国と比べても極めて低い水準にあります。

    2030計画とは(2020年に目標30%を達成する)

    社会のあらゆる分野において、2020年までに指導的地位に女性が占める 割合を、少なくとも30%程度とする目標をいいます。

    平成15年6月男女共同参画推進本部決定、第3次男女共同参画基本計画
    (平成22年12月閣議決定)


    「指導的地位」の定義
    ①議会議員 ②法人・団体等における課長職以上の者 ③専門的・技術的な職業のうち、特に専門性が高い職業に従事する者とするのが適当

    (平成19年男女共同参画会議決定)

    各分野における「指導的地位」に占める女性の割合

    2019年現在、「指導的地位」に女性が占める課長相当職の割合は、民間企業では11.2%、国家公務員4.9%、地方公務員(市町村)16.7% と、まだまだの状況です。

    (令和元年6月14日現在 内閣府 男女共同参画局資料)

    企業における女性活躍の現状

    2020年に女性管理職割合を30%にする計画(2030計画)の推移や、世界のジェンダーギャップ指数においては、上記のような苦しい状況ですが、例えば、民間企業における女性が課長相当職に占める割合は、下記の図のように着実に増加しており、いずれ目標の30%以上を達成すると思われます。それは時代の確実な潮流だからです。




    女性活躍を推進して企業業績のUPを狙う企業も多い 

    ところで現在、女性を管理職や役員へ登用して、意思決定のパワーバランスを変え、組織を変革して企業価値を高めていこうとする経営手法であるジェンダーフリーの推進、ダイバーシティマネジメントを取り入れる企業が急速に増加しています。

    この経営手法は、女性を含む多様な人材の発想や能力を活用することで、従来のタテ型の階層組織を、ヨコ型のフラットな組織に変え、組織運営の活性化と競争力の強化を図り、新たな商品やサービスを開発したり、生産性を向上させ、組織の管理能力を高めたりして企業業績のUPに結び付けようとするものです。


    女性活躍検定の出題項目

    本検定試験には、女性活躍時代の女性活躍を実践する知識を学習する、上級の「女性活躍マネージャー認定試験」と、「女性活躍知識」を学び、自らが活躍したい人を応援する、中級の「女性活躍マスター試験」が有りますが、いずれの試験も下記のとおり同様の範囲から出題されます。ただし、マスター試験は基礎的な出題が多くなりますが、マネージャー認定試験は「法律知識」や「マネジメント知識」が多く出題され、難易度の高い試験となっています。


    【女性活躍マスター出題項目】

    詳しい項目をクリックすると詳細項目がご覧になれます。

    課題1 女性活躍社会の推進
    課題2 男性中心型、日本的雇用慣行の変革
    課題3 男女共同参画とワークライフバランスの実現
    課題4 政治・経済などへの女性の参画
    課題5 女性への暴力の根絶
    課題6 教育による意識改革

    日本ハラスメントカウンセラー協会

    ハラスメントマーク制度

    働き方改革検定推進マーク

    働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

    >>詳細はこちら

    認定ハラスメント相談員
    Ⅱ種研修

    【公開会場受講】

    12月15日開催

    >>詳細はこちら

    ハラスメントカウンセラー研修

    12月16日・12月23日開催

    >>詳細はこちら

    上級ハラスメントマネージャー
    認定研修

    12月10日・17日開催

    >>詳細はこちら

    ハラスメントマネージャー
    Ⅱ種認定研修

    【オンライン受講】

    12月10日開催

    >>詳細はこちら

    ハラスメント一般研修ビデオ

    ビデオ学習でハラスメントを理解!
    パソコン・スマホでいつでも学習できます。

    >>詳細はこちら

    ハラスメント教育システム

    企業研修に最適!
    全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

    >>詳細はこちら

    令和3年3月7日開催

    第25回

    マイナンバー実務検定

    お申込みはこちら

    学生さんページ

    就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

    >>詳細はこちら

    会員募集中!!

    特典が多数

    ビジネス実務士会

    詳細はこちら
    主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

    ↑ページトップへ