現代女性に求められる知識
【働き方改革検定】

女性活躍検定

出題項目(マスター試験)

一般財団法人
全日本情報学習振興協会主催

【女性活躍検定】

第3回女性活躍マスター試験

令和2年10月18日(日)開催
試験時間
10時00分~11時45分
申込期間
7月2日(木)~9月10日(木)迄
開催会場
東京 名古屋 大阪 福岡
オンライン受検
受験料(税抜)
女性活躍マスター試験:8,000円
ジェンダーフリーとワークライフバランスを推進する企業と、女性活躍を支援します。女性の意識改革を促し、活躍を応援する検定試験です。

※オンライン・ライブ検定も同時に開催します。【Webカメラ販売中 200名限定】


【オンラインライブ検定とは】下記の項目をクリックして下さい(該当箇所にジャンプします)


オンラインで開催!

講演会「女性活躍の現状」

女性活躍マスター試験申込者
7,000円

一般申込者
10,000円

7月11・20・30日 開催

>>詳細はこちら

詳細はこちら

コロナウイルス感染症をめぐる
法的問題

講演会

令和2年
7月22日(水)

《オンライン開催》

女性が活躍できる、男女共同参画社会とは

男女共同参画社会基本法第2条によれば、男女共同参画社会とは、「男女が、社会の対等な構成員として、自らの意思で社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、もって男女が均等に政治的、経済的、社会的及び文化的利益を享受することができ、かつ、共に責任を担うべき社会」です。

この女性活躍マスター試験は、日本社会において男女共同参画の現状はどうなっているのか、現状の法令を学び、そして真の共同参画社会を創りだすためには、どうすべきかを考えます。

そして、自らが活躍したい女性を応援し、また、女性活躍を推進するマネージメントをするための基本知識を問う試験となっています。


【女性活躍マスター出題項目】

詳しい項目をクリックすると詳細項目がご覧になれます。

課題1 女性活躍社会の推進
課題2 男性中心型、日本的雇用慣行の変革
課題3 男女共同参画とワークライフバランスの実現
課題4 政治・経済などへの女性の参画
課題5 女性への暴力の根絶
課題6 教育による意識改革

【第4次男女共同参画基本計画の目次を参考にしています】


日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

【オンライン受講】

7月14日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

9月8日・9月15日開催

>>詳細はこちら

上級ハラスメントマネージャー
認定研修

8月26日・9月9日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントマネージャー
Ⅱ種認定研修

【オンライン受講】

8月26日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら

令和2年9月13日開催

第23回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

会員募集中!!

特典が多数

ビジネス実務士会

詳細はこちら
主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ