【働き方検定】ワークスタイルコーディネーター認定試験

働き方改革検定 試験対策講習会

働き方改革推進キャンペーン開催中!

ただいま働き方改革検定推進マークの利用申請を頂くと、6カ月以内の受験予定者の人数分の問題集を無料でプレゼント!(お申し込み時に発送いたします。)

    <<対象資格>>
  • ワークスタイルコーディネーター認定試験
  • 働き方マスター試験

※プレゼントは30冊までとさせていただいております。受験予定者が31名以上の場合はお問合わせ下さい。

ワークスタイルコーディネーター昇格キャンペーン

働き方改革検定 試験対策講習会

本講習会では、試験の中心となる働き方改革関連法についての解説と、それにまつわる労働法の基礎知識について総合的に解説していきます。
働き方改革実行計画は現在徐々に具体的に法制化されていますが、それらのタイムリーな動きをふまえ、試験のポイントをわかりやすく解説していきます。

ホライズンパートナーズ法律事務所
坂東利国弁護士(東京弁護士会)

<講師プロフィール>
  • 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
  • 東京弁護士会弁護士
  • 日本労働法学会、日本CSR普及協会所属

≪開催日≫

令和2年1月26日(日)

≪開催時間≫

10時30分~16時30分まで (受付 10時00分より)


≪会場≫

【東京新橋】
AP新橋(A-PLACE新橋駅前3~5階)
(東京都港区新橋1-12-9/JR新橋駅銀座口から徒歩1分)

≪対象≫

ワークスタイルコーディネーター認定試験
働き方マスター試験
を受験予定の方

≪講師≫

ホライズンパートナーズ法律事務所 坂東利国弁護士(東京弁護士会)

≪受講料≫

15,000円(税抜)
試験と同時申込で以下の割引が適用されます。
1名~2名以下の試験と同時申込で15%引きの12,750円(税抜)
3名以上の試験と同時申込で30%引きの10,500円(税抜)

全情協資格者部会の方は優待価格で受講できます。
  >>>全情協資格者部会の方はこちら


≪持ち物≫

受講票、筆記用具類


最低実施人数4名。3名以下の場合は中止とさせていただく場合があります。

申込み完了後【受講票】をお送りします。当日受付にて提出してください。
3日前までに届かない場合は、必ずお電話ください。→TEL:03-5276-0030

お申込み手続きが開催日一週間以内の場合は、受講票を発送いたしません。
申込時に自動返信された受付完了のメールをプリントアウトしてお持ちください。

試験の学生割引申込と同時申込をされる方は、「学生割引で申込」をご選択下さい。本講習会の学生割引はございません。

★試験と対策講習会を同時申込で割引が適用されます★

第10回 ワークスタイルコーディネーター認定試験

連続チャレンジ

キャンペーン

連続して受験すると受験料が10%割り引かれます。また、連続受験では、2回目の合格率が1回目より15%高くなるというデータがあります。
1回で諦めないでください。

申込期限 1月17日(金)

連続して受験すると受験料10%割引

>>お申込みはこちら

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

試験申込

学割試験申込

講習会申込

日本ハラスメントカウンセラー協会

ハラスメントマーク制度

働き方改革検定推進マーク

働き方改革検定推進企業で利用できるマーク制度をスタート!

>>詳細はこちら

認定ハラスメント相談員
Ⅱ種研修

1月23日開催

>>詳細はこちら

ハラスメントカウンセラー研修

12月12・19日開催

>>詳細はこちら

ハラスメント一般研修ビデオ

ビデオ学習でハラスメントを理解!
パソコン・スマホでいつでも学習できます。

>>詳細はこちら

ハラスメント教育システム

企業研修に最適!
全社員研修の実施と状況の管理が手軽にできます。

>>詳細はこちら


第2回「令和」川柳コンテスト

作品募集中!

お申込みはこちら

令和2年3月8日開催

第21回

マイナンバー実務検定

お申込みはこちら

学生さんページ

就活に有利!学生さんの試験合格体験談を集めました。

>>詳細はこちら

企業ご担当者ページ

令和元年12月までなら書籍プレゼント

人材開発 教育訓練に!

>>詳細はこちら



申請書(個人用)

ワークスタイルコーディネーター認定試験の受験料を会社の経費でご負担頂けるケースも多くあるようです。申請用紙のサンプルがダウンロードできますので、御社の様式に合わせてご利用下さい。

第26回

講演会

【会員無料】
先着限定100名
令和2年1月24日(金)

参加者特典あり!

留学生の就職活動の現状と
求められる支援

>>詳細はこちら


ワークスタイル実務士会

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ