【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

転職・再就職 -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

転職・再就職

○転職の状況と問題

転職による入職については、一般労働者(パートタイム以外の常用労働者)はパートタイム労働者よりも少なく、パートタイム労働者の転職入職率が17.2%であるのに対し、一般労働者の転職入職率は8.5%にとどまる(平成27年度雇用動向調査)。

転職する労働者には、様々な課題が存在する。転職・再就職にあたっての障害については、男女とも「応募できる求人がない」、「新しい職場になじむのに不安がある」を共通して多くあげており、それ以外では、男性は「賃金が下がる」、女性は「スキルがない」を多くあげている。

○雇用情勢の改善とミスマッチ

有効求人倍率が全ての都道府県で1倍超えとなるなど(2017年1月時点)、雇用情勢は着実に改善が進んでいる。

しかし、分野によって偏りがあり、ミスマッチが生じている。例えば、職業別有効求人倍率(2017年1月時点)は、保安:7.13倍、建設・採掘:3.66倍、介護:3.50倍、サービス:3.21倍となっている。

○中高年の転職

中高年の転職は容易ではない。一度でも中高年を採用した実績のある企業の採用意欲は高いが、実績がない企業では低いといわれる(実績あり:66.1%、実績なし:34.9%)。

年齢とともに転職後賃金は減少する。すなわち、「変わらない」「増加」の合計が、若年層(15~34歳):70%以上、35~49歳:約65%、50~59歳:約62%であるのに対し、60~64歳:28%、65歳以上:38.4%となっており(平成27年度雇用動向調査)、高齢層は転職により賃金が減少する傾向が強い。

そのこともあり、転職率も年齢とともに低下している(25~34歳:7.1%、35~44歳:4.3%、45~54歳:3.2%、55~64歳:3.6%、65歳~:1.9%。同上)。


【関連ワード】

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ