【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

短時間正社員制度 -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

短時間正社員制度

短時間正社員制度(育児・介護のみを理由とする短時間・短日勤務は除く)がある事業所の割合は、21.2%である(厚労省「平成28年度雇用均等基本調査」)。

短時間正社員制度の規定がある事業所において、平成27年10月1日から平成28年9月30日までの間に制度を利用した者の割合は 2.5%であった。男女別にみると、女性は4.8%、男性は 0.7%となっている。また、制度の利用者の男女比は、女性 85.3%、男性 14.7%であった(同)。

これらのデータから、短時間正社員制度の導入企業は多くなく、導入企業でも利用者は極めて少ないうえ、利用者のほとんどは女性であることがわかる。


【関連ワード】

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

第21回講演会

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ