【働き方検定】働き方マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務 働き方検定 働き方マスター試験 ワークスタイルコーディネーター認定試験 労働法務士認定試験 ストレスチェック検定

非正規雇用の教育訓練 -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

非正規雇用の教育訓練

計画的なOJTもOff-JTもともに、企業における非正規雇用労働者への実施は、正社員(フルタイムの無期契約労働者)に比べて半数程度となっている。

すなわち、正社員は、計画的なOJTの実施:59.6%、Off-JTの実施:74.0%であるのに対し、非正規雇用労働者の場合はOJTの実施:30.3%、Off-JTの実施:37.0%にとどまっている(厚生労働省「平成28年度能力開発基本調査」)。

※「OJT」と「Off-JT」については、【OJTとOff-JT】を参照

人材育成に関する助成金

非正規雇用労働者の人材育成・教育に関する助成金には、次のものがある。

① キャリアアップ助成金

② トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)


【関連ワード】

協会TOP

働き方検定TOP

資料請求

第21回講演会

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ