【働き方改革検定】働き方改革マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務

厚生年金保険・健康保険の加入対象 -ワークスタイル用語集-


第3章 働き方改革実行計画

厚生年金保険・健康保険の加入対象

働きたい人が働きやすい環境を整備するとともに、短時間労働者の処遇を改善するため、次の通り、短時間労働者への被用者保険の適用が拡大されている。

① 2016年10月から、週30時間以上働く従業員に加え、従業員501人以上の会社で週20時間以上働く従業員などにも厚生年金保険・健康保険(社会保険)の加入対象が広がった。

② 2017年4月から、従業員500人以下の会社で働く従業員も、労使で合意すれば社会保険に加入できるようになった。


【関連ワード】

協会TOP

働き方改革検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ