【働き方改革検定】働き方改革マスター,ワークスタイルコーディネーター認定試験,労働法務

一億総活躍社会 -ワークスタイル用語集-


第2章 ワーク・ライフ・バランスの実現と関連事項

一億総活躍社会

「一億総活躍社会」とは、女性も男性も、お年寄りも若者も、一度失敗を経験した人も、障害や難病のある人も、家庭で、職場で、地域で、あらゆる場で、だれもが活躍できる、いわば全員参加型の社会である。平成28年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」で提唱された。

「ニッポン一億総活躍プラン」は、我が国の経済成長の隘路の根本にある少子高齢化の問題に真正面から取り組み、日本経済への好循環を形成するため、それまでの経済政策を一層強化するとともに、広い意味での経済政策として、子育て支援や社会保障の基盤を強化し、それが経済を強くする、そのような新たな経済社会システムづくりに挑戦していく政府計画である。

同プランでは、「働き方改革」「子育ての環境整備」「介護の環境整備」「すべての子供が希望する教育を受けられる環境の整備」「『介護離職ゼロ』に向けたその他取組」「『戦後最大の名目GDP600兆円』に向けた取組」が掲げられている。

「働き方改革実行計画」では、そのロードマップを効果的に実施していくため、「ニッポン一億総活躍プラン」その他の政府計画と連携して取り組んでいくものとされている。


協会TOP

働き方改革検定TOP

資料請求

全情協クオリファイドメンバー

主催 : 一般財団法人全日本情報学習振興協会

↑ページトップへ